薬剤師求人 在宅医療

在宅医療に力を入れてる調剤薬局に転職したい!

在宅医療に力を入れている調剤薬局ってどうやって探すんだろう?

 

在宅医療に力を入れる調剤薬局

 

薬科大学卒業後、外資系製薬企業にMRとして就職した私でしたが、いつも心にあったのは「私はいったい何のために薬剤師になったの!?」という苛立ちにも似た気持ちでした。

 

MRという仕事は忙しかったですし、売上げのノルマも厳しかったですが、ものすごく楽しかったし、お給料もよかったです。5年間お世話になった会社の同僚、上司には今でもすごく感謝してます。

 

でも、自分が子供の頃に夢見みた患者さんの役に立つ薬剤師さんになりたい!というものからは、かなり離れた現実でした。
その気持ちを抑えきれなくなったときに私は製薬メーカーを退職して、患者さんに一番近いところで仕事をすることを決意しました。

 

でも、実際に転職活動を考えた時、どう活動してよいか全くわかりませんでした。
それで、お世話になってた調剤薬局の管理薬剤師の先生に「私、在宅医療に力を入れている薬局で働きたいんですが、どうしたらよいですか?」と恥を忍んで聞いてみました。

 

そしたら、その調剤薬局のオーナーさんがたまたまいらっしゃって「だったらウチが薬剤師の紹介をお願いしているファルマスタッフのホームページに登録してみたら?」とのこと。

 

で、さっそくその週末にファルマスタッフさんのホームページをチェックしてみました。
登録する前に、ホームページを色々見ていると何と「在宅の求人特集」を発見しました。
その中で結構、色んな処方せんの勉強ができて、もちろん在宅に力を入れている調剤薬局の求人をいくつも見つけることができました。

 

ちなみにこのページが「在宅の求人特集」です。結構、在宅に力をいれている薬局ってあるんですね。びっくりしました。⇒ 

 

在宅医療に力を入れている薬剤師求人特集ページ⇒コチラ

 

そこで、迷わずファルマスタッフの薬剤師登録ページから登録して、担当者からの連絡を待ち、色々相談に乗ってもらいました。
結局、3社と面接して、一番お給料のよかった今の職場に転職しました。

在宅医療に力を入れている薬剤師求人に強い転職サイト

私が今の職場を転職するときに紹介して頂いた、薬剤師転職サイトです。
担当コーディネータの方には感謝しています。

 

あと、薬キャリさんの結構有名なところですのでオススメです。
MR時代、色々情報を取得するのにm3を利用させてもらいました。

 

 

最後に有名どころとしてはマイナビ薬剤師さんですかね。電車の中刷り広告でもよく見かけます。

転職後の私の充実した1日

薬剤師在宅訪問

私の薬局は朝8時半出勤です。
簡単な打ち合わせと在宅訪問のルート確認、一包化したお薬をオリコン(折りたたみコンテナ)に積み込んで、9時半くらいに薬局を出発。

 

週3回、在宅訪問に出かけるんですが私の担当は主に施設ではなく、患者さん個人宅への訪問です。
施設(介護付有料老人ホーム)の訪問も行っていますが、こちらは薬局のすぐ近所ですので、外来の暇な時間帯に薬剤師が交替で訪問し残薬確認などをこまめに行っています。

 

残りの日は、店舗勤務(外来調剤)になってます。MRだった私にはどちらも新鮮な仕事です。
話はちょっとそれますが、女性薬剤師の方はペーパードライバーの方が多く、MRで鍛えた運転技術が会社でも重宝されてます。

 

在宅患者さんの家に訪問するときは、エンシュアリキッドやラコールのケースを車にいっぱい積み込むので結構な力仕事です。

 

 

一番の楽しみは、週1回、ドクターと診療同行することですね。
色んな知識や患者さんに接する際のヒントが得られすごく勉強になります。

 

コンプライアンスがイマイチできちんと服薬できていなかった、患者さんがきちんとお薬を服薬できるようになったり、私が訪問すると寝たきりの患者さんの表情がぱっと明るくなったりするとすごくうれしいです。患者さんの「来てくれてありがとう」の言葉が一番うれしいです。

 

またポリファーマシー状態の患者もよくお見かけします。そんなときは遠慮せず、処方医と連絡をとります。
毎回、新しい発見があって、「あー、薬局勤務の薬剤師になってよかったー」と思う瞬間です。
予想外だったことは、報告書系の事務作業がすごく多いことですね。
薬学管理指導計画書をはじめ、ケアマネやドクター、看護師さんとの書面でのやり取りが結構あります。

 

 

もし、このサイトをご覧になられた薬剤師の方で、「もっと患者のそばで仕事をしたい!」と悩んでいる方がいらっしゃたら是非、前向きに転職を考えてみてください。
折りしも、国の政策で薬剤師の地域医療への参加は急務です。
私も在宅未経験しかも、MRからの転職でしたので、調剤業務自体が未経験でした。それでも毎日勉強して充実した日々を送っています。
これから在宅医療に取り組もうとする薬剤師さんにエールを送ります。

 

一緒に患者さんの役に立つ薬剤師を目指しましょう!!


日本在宅薬学会のバイタルサイン講習会に参加しました!


日本在宅薬学会のバイタルサイン講習会に参加させて頂きました。
薬剤師が在宅医療の担い手として、活躍することをずっと訴えられている、狭間研至先生も後押しされている講習会です。
すごく勉強になりました。
在宅医療に興味のある薬剤師の方は是非参加してみてくださいね!