在宅療養支援認定薬剤師

各種認定薬剤師について

在宅療養支援認定薬剤師制度

在宅医療に関する「知識」「技能」「態度」を修得し、良質の医療を提供することを目的とし、チーム医療の一員として活躍する事ができる「認定薬剤師」を育成することを目標としている制度です。

 

申請資格

下記の条件を全て満たしていること
1.日本国の薬剤師資格を有し3年以上の薬剤師実務経験があること
2.薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師、
 日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師または日本医療薬学会認定薬剤師であること
3.所定の研修講座受講により35単位以上の研修単位を取得していること
4.在宅業務の実践による5事例の報告を提出すること ※1
5.日本在宅薬学会主催の学術大会に参加していること
6.バイタルサイン講習会を受講していること

 

新規認定の手続き方法

@3年以内に日本在宅薬学会指定の公園または講義の受講、学術大会への参加などで35単位
実践実習研修講座、在宅業務の実践報告で5単位合計40単位以上を取得する

 

A認定審査料(\10,000)を振り込み、申請書類を送付

 

B試験を受ける

 

更新手続き

各年5単位の研修単位を取得し、3年以内に合計30単位以上取得する

 

参考:https://jahcp.org/31_certification

 

 

 

プライマリ・ケア認定薬剤師制度

患者を総合的に見て必要な対策が取れる能力、多職種と連携する能力などを高め、地域における薬剤師の役割を広げることを期待し、研修の受講、所定の単位の修得および試験により適当と認めた薬剤師をプライマリ・ケア認定薬剤師と認定している制度です。

 

申請資格

日本国薬剤師資格を有すること

 

認定制度の流れ

@研修開始届書を提出

 

A指定の研修会・講座などを受講し、必要単位を取得
 初回申請必要単位:50単位(※最初の研修単位取得から4年以内に申請)
 更新申請必要単位:30単位(※研修期間は3年間で認定期間満了前に更新)

 

B試験・審査(審査料 ¥15,000(非学会員)、\10,000(本学会員)を振込)

 

C結果発表(登録料¥10,000を振込)

 

D認定証発行

 

 

参考:http://www.primary-care.or.jp/nintei_ph/